セレスタミン花粉症

セレスタミンで酷い花粉症が快適になりました。

わたしは長年ひどい花粉症に悩まされています。

 

ヨーグルトとかも結局信じきれなくて毎年中途半端に食べて終わっちゃう。

 

そうなると行き着く先はどうしても薬に頼ることになる。

 

でもでも、ここ数年は効かない。

 

薬なんかでは打ち勝てない私の花粉症。

 

辛い。

 

鼻がダラダラ垂れてくる。

 

くしゃみが止まらなくて、何にもはかどらない。

 

目が痒すぎて前を見る時間がない。

 

口が開きっぱなしで喉が痛くなる。

 

もはや生活に支障が出てる。

 

時々思う。

 

私は花粉症で死ぬんじゃないかと。

 

そんな時に初めて処方されたセレスタミン。

 

ステロイド。

 

うーん。

 

頓服。

 

うーん。

 

仕事柄知ってる。

 

ステロイドという薬のすごさ、恐ろしさ。

 

そしていたずらに怖がることはない事も。

 

それでもやっぱり抵抗あるなー。

 

特に飲み薬は。

 

これが本音。

 

抵抗したところで、生活できないレベルに顔

 

周りがグジュグジュになるから飲むしかないんだけどね。

 

我慢できないし。

 

ドキドキ。

 

セレスタミンは別に飲みにくいとかはなかったよ、錠剤だしね。

 

そして、セレスタミンを飲んだその日、

 

信じられない程の快適さ。

 

もうね、私、花粉症じゃないんじゃないかってくらい。

 

鼻スッキリ、くしゃみが出ない、目が痒くない。

 

全く花粉症の症状なし。

 

こんなに快適な春はいつ以来なんだろうと、

 

感激。

 

その歳の花粉シーズン、すごい楽だった。

 

1日2回までセレスタミンを飲んでいいって書いてあったけど、だいたい1回しか飲まなくて良かったし、ある程度継続したら、2日に1回飲むだけで十分だった。

 

セレスタミンを飲んでない日は、ステロイドじゃないアレルギー薬を飲んでたかな。

 

次の年、その土地を引っ越して、通う病院が変わったから、セレスタミン快適生活はその1年で失ってしまった。

 

新しい病院でも希望したかったけど、内服ステロイドが怖くて、自分からはお願いしなかった。

 

何とか騙し騙し、今でも辛い花粉と付き合ってるけど、あんな快適な春が過ごせた年はない。

 

さすが、お見事、の一言に尽きるセレスタミン。

 

でもやっぱりステロイド系は諸刃の剣だと思う。

 

長く同じ先生に診てもらって、指導を受けながら飲むのがいいと思う。

 

私みたいにいろんな土地を転々として、病院もめんどくさくなって行かない、とかのコンプライアンスの悪いタイプには向いてないかなって思う。

 

レベルの高い薬は、レベルの高い管理能力が必要だよ、やっぱ。

 

そう言い聞かせてしばらくは手を引いてるけど、飲みたい、セレスタミン。

 

(愛知県 ねるるさん)